携帯版

「輪の国びわ湖」とは?びわ湖一周サイクリング認定証スポーツバイクのレンタサイクルびわ湖サイクルレスキュー協賛ショップ 泊まる・入浴する・観る・食べるびわ湖一周サイクリングへの誘いびわ湖一周の基礎知識びわ湖一周サイクリングマップお役立ち情報メールマガジンとびわ湖一周コミュニティ ブログ、マイ地図、写真集

ビワイチ応援!サイクリスト歓迎の宿

びわこ一周レンタサイクル

滋賀プラスサイクル

バナー広告募集中

 

 

 

 

 

 

 




びわ湖一周コミュニティ
ブログ 最近の記事
アーカイブ | RSS |
ニュース・新着情報 : 【イベント】地域の魅力発信 〜 サイクルツーリズムにおけるガイドの役割
投稿者 : biwa1-green 投稿日時: 2015-01-08 17:01:45 (3121 ヒット)



今、地域おこしのツールとして自転車が注目されています。
自転車での観光は、地域の名所だけでなく、その間の景色を楽しみ、途中におもしろい場所やお店等があれば気軽に停まって立ち寄ることができます。
徒歩よりも広い範囲を気軽に移動でき、観光される方それぞれがお気に入りの場所を発見し、地域をより深く知ることができ、地域のファンを増やすことができます。
また、地域を知る人がガイドをすることで、より深く地域の魅力を感じることができます。

そこで、サイクルツーリズムをより振興していくため、「ガイドの役割」にスポットをあて、飛騨里山サイクリングにおける事例を伺うとともに、各地でサイクルツーリズムに取り組んでおられる方々にお集まりいただき、情報交換と交流の場を設けます。
是非、ご参加ください。

ちらしはこちらからダウンロードできます。

とき

2015年1月31日(土)
午後2:00〜(開場1:30)午後5:00終了予定

ところ

セミナー&カルチャーセンター「臨湖」多目的ホール

(JR長浜駅西口より徒歩約10分)
〒526-0067 滋賀県長浜市港町4番9号
http://nagahama-rinko.info
TEL 0749-65-2120

内容

【講演】「飛騨里山サイクリング」におけるサイクルツーリズム
演者:山田 拓 氏

【話題提供】 〜6名(〜30分)
※参加者を募集いたします。詳しくは「申込み」の欄をご覧ください。

【パネルトーク】 
山田 拓 氏
藤本 芳一(輪の国びわ湖推進協議会副会長)
進行:近藤 隆二郎(輪の国びわ湖推進協議会会長)

※シンポジウム終了後、午後5:30より会場近くのイタリアン レストラン マンマにて懇親会(参加費3500円)を行います。

参加費

無料

主催

輪の国びわ湖推進協議会
NPO法人五環生活、滋賀県立大学、歴史街道推進協議会

申込み

こちらの申込みフォーム、または輪の国びわ湖推進協議会まで、FAX(050-3730-5843)で参加人数、参加者全員のお名前、代表者のご住所、所属、電話番号、シンポジウム・懇親会それぞれの参加・不参加をご記入の上お申込ください。

※ご自身のサイクルツーリズムに関する活動内容について、ご報告いただく「話題提供」に参加ご希望の方は、1月23日(金)までに申込みフォーム、またはお申し込みのFAXに300字程度で内容をご記入ください。多数ご希望の場合、ご希望にそえないことがございますので、ご了承ください。

パネラー

山田 拓 氏

株式会社 美ら地球 代表取締役
総務省地域力創造アドバイザー
(財)都市農山漁村交流活性化機構 国際グリーンツーリズムアドバイザー(2007年〜)
NPO法人 日本エコツーリズム協会 正会員

奈良県生まれ。横浜国立大学大学院工学研究科修了。 (株)プライスウォーターハウス・コンサルタント(現:IBM)にてグローバル企業の企業変革支援に従事した後、退職。その後、(株)モンベル等のスポンサー支援を受け、足かけ2年、29カ国にわたる世界放浪の旅に出発し、期間中はWebサイト「美ら地球回遊記」を通じて、小学校との交流、雑誌記事執筆、現地からのニュースリポートなどを行う。帰国後、地方部の原風景に受け継がれる日本文化の価値を再認識し、岐阜県の飛騨古川に移住。 2007年、「クールな田舎をプロデュース する」株式会社美ら地球を飛騨古川に設立。
自らの旅人経験を活かし、里山や民家など地域資源を活用したツーリズムを推進する。
ボランティア活動や調査など、地域住民との地域資源の保全をベースとし、国内外のSATOYAMAに魅了される人々の1ストップソリューション 「SATOYAMA EXPERIENCE」をプロデュース。
農村集落を巡るガイドツアー「飛騨里山サイクリング」、古民家をオフィス用途に転用した「飛騨里山オフィス」など、中山間地での新たな複数のビジネスを内包する。
平成24年「地域づくり総務大臣表彰にて個人表彰を受ける 「飛騨里山サイクリング」は平成23年「五感で感じるまち大賞」にて環境大臣賞、平成24年エコツーリズム大賞にて特別賞を受賞。その他、海外の旅行サイトから優良施設認定を受けるなど、国内外から高い評価を得る。


近藤 隆二郎

輪の国びわ湖推進協議会 会長
滋賀県立大学環境科学部環境政策・計画学科教授

1994年大阪大学大学院工学研究科(環境工学専攻)単位取得退学後、和歌山大学システム工学部准教授を経て、現職。工学博士。専門は環境社会計画。写し巡礼や古代遺跡、インド沐浴文化やエコビレッジの調査研究を進めた上で、五感や自転車・衣・食からライフスタイルを変革する身体計画論を模索中。NPO五環生活を立ち上げる。著書に『自転車コミュニティビジネス−エコに楽しく地域を変える−』(学芸出版社/ 編著)、『ぐるっとびわ湖自転車の旅』(京都新聞出版センター/共著)、『顔出し看板大全カオダス』(サンライズ出版/共著)、『コモンズをささえるしくみ』(新曜社/共著)など。

 

藤本 芳一

輪の国びわ湖推進協議会 副会長
自転車ライフプロジェクト 代表

自転車マップやIT技術、デザインを組み合わせて、自転車の良さを知っていただくための取り組みを行っている。
これまでに日本全都道府県と南米9ヵ国を始め世界45ヵ国を自転車で走る。「京都自転車マップ」の制作で大阪NPOアワード優秀賞、ウェブサイト「自転車大好きマップ」で環境goo大賞優秀賞、「輪の国びわ湖 びわ湖一周」ウェブサイトで滋賀ウェブ大賞優秀賞、個人デザイン事務所精彩工房がSOHOエコスタイル賞銀賞(自転車利用促進の活動にて)受賞。著書に『京都自転車マップ 京都市内版』および『郊外版』(西日本出版社/共著)、『ぐるっとびわ湖自転車の旅』(京都新聞出版センター/共著)。


印刷用ページ このニュースを友達に送る