メールマガジン

メールマガジンに登録するには、びわ湖一周認定システムにユーザー登録をお願いします。
登録の際「info@biwako1.jp」からお送りするメールを受信する必要があります。
メールが届かない場合、迷惑メールになっていることがありますので、ご注意ください。

びわ湖一周認定システムに登録する

 

登録解除はこちら
(認定システムに登録したスマートフォンでアクセスしてください)

びわ湖一周メールマガジンバックナンバー

■■▼────────────────────────┐
■▼  びわ湖一周サイクリング 応援メールマガジン
▼   プロジェクト・ビワイチ Vol.61 2012.5.15
┬   http://www.biwako1.jp/
○○… 発行:輪の国びわ湖推進協議会
└──────────────────────────┘



┬       ┬
○○Vol.61 Menu○○

1)読者プレゼント

2)イベント情報

3)コラム




○○… 1)読者プレゼント
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
○滋賀県立近代美術館「日本絵画 組み合わせの美」チケット
 ペアプレゼント!!

 滋賀県立近代美術館で開催中の特別展「日本絵画 組み合わせの美」と
常設展チケットをペアで1組の方へプレゼントします。

 応募方法は<mm-info@biwako1.jp>宛に、
 ●お名前
 ●ご住所
 ●びわ湖一周サイクリングの体験記
 をお書きの上、メールにてお送り下さい。

 〆切は5月20日です。既にブログ等で発表された体験記でも構いません。
 (但しこれまでに、当メルマガに応募された体験記を除きます)

 応募頂きました体験記はメールマガジン等でご紹介させて頂きますので、
あらかじめご了承下さい。

 当選の発表は発送を持って代えさせて頂きます。





○○… 2)イベント情報
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
○いまからワタシも! サイクリスト入門連続講座(全5回)
 (6/10-10/7・京都)

“暮らしの中に自転車を活かす人=サイクリスト"の入門講座を始めます!通勤・
通学や買い物でフツーに乗っている人も、これから本格的に乗ってみようという
人も、大歓迎。街乗りや日帰りサイクリングを交えながら、安全・快適に走るた
めのルールや、自転車フレンドリーな街・道のあり方について、一緒に考えてみ
ましょう。各回単発での参加も可能ですが、全5回通しの参加(6,000円)をオス
スメします!

【第1回】乗り方と整備の基本
  6月10日(日) 午後1:30〜5:00
【第2回】街乗り実践 伏見へ!
  7月8日(日) 午前9:00〜午後4:00
【第3回】眼からウロコ! 自転車が使いやすい街ってどんな街?
  8月5日(日) 午後1:30〜4:00
【第4回】日帰りサイクリング・琵琶湖へ
  9月9日(日) 午前9:00〜午後6:00
【第5回】私が見つけた自転車ライフ
  10月7日(日) 午後1:30〜4:00

主催:スローモビリティライフプロジェクト実行委員会
実行委員会構成団体:
環境市民(野の塾プロジェクト) LLP自転車ライフプロジェクト
http://www.kankyoshimin.org/ http://www.bicyclelife.jp/
協賛:京のアジェンダ21フォーラム

※スローモビリティライフプロジェクトとは……
自動車に過度に依存しなくても徒歩・自転車・公共交通で日常生活を送ることが
できる「コンパクトシティ」の実現や、スローライフの視点での価値の再発見を
めざしています。

お申し込み・お問い合わせ
特定非営利活動法人環境市民事務局
 メール bicycle@kankyoshimin.org
 ※お名前・お電話番号と参加を希望する回を明記してください。
  実施日の3日前までに申込みお願いします。
 電話 075-211-3521  FAX 075-211-3531

ちらしのダウンロードはこちらから
http://goo.gl/bP4Pt




○○… 3)コラム
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 「POPEYE」という雑誌があった。平凡出版(現マガジンハウス)から月2回刊
の「シティボーイのためのマガジン」として1970年代末期〜80年代前期に、アメ
リカン・ポップカルチュアへの盲目的・無反省な礼賛姿勢を基盤に、膨大な情報
量で埋められたページはお祭りのようにケバケバしく、一流品のウンチクで主に
中流階層男子読者に富裕お坊ちゃまなりきり気分を提供し、下ネタは排除(これ
は特筆)、軽薄なのか知的なのか判別し難い会話口語風文体は一世を風靡した。
毀誉褒貶いずれにせよ、時代を代表する雑誌だった事は間違いない。
 同誌1981年5/25号特集「ほら、自転車はジョギングシューズだろ!」。もちろ
ん内容は、紛れもなくPOPEYEお馴染みの手法。LAの自転車風景。ヨーロッパのク
ラシックレースのリポート。チネリ、デ・ローサ、ブルックスなど名ブランド品
のウンチク。名レーサー列伝。ドレスアップしたモデルがポーズを決め、便利な
小物の活用アイデアの数々。意外にも安全な乗り方やメンテナンス方法にもペー
ジが割かれ・・・などなど、一通り読めばとりあえず知ったかぶりを気取れる知
識情報を満載。
 ここでは自転車は、ひたすら明るく開放的で健康的でポップなヴィーグルだと
いう視点に立ち、つまりジョギング・テニス・サーフィン・スケートボード・ス
キーなど「シティボーイ」好みのスポーツと同次元なのだ。これは旧来の自転車
専門誌には欠ける感性だが、意地悪に言えば「自転車をミーハーな道具にした」
とも言える。
 意外にもPOPEYE好みのはずのマウンテンバイクもBMXも紹介されていない。両
方ともまだ日本の自転車シーンには登場していなかったのだ。この7〜8年後に
MTBブームが沸き起こり、自転車の新しい時代が開かれるのだが、その頃にはも
はや「POPEYE」は旬をとっくに過ぎていた。
 1981年の筆者と言えば、貧乏ではないが経済的余裕はなく、おおむね質素倹約
の生活、スポルティフで通学・通バイトの日々を過ごす大学生。POPEYEの軽薄さ
に嫌悪感、いや、怨嗟に近い感情を抱いていた・・・と言いつつも今、自室の隅
に積まれた古雑誌の束から当時のバックナンバーが数冊見つかった。恥ずかしな
がら、実は時々買っていたのだ(笑)。(TJN)



├──────────────────────────┤
           <<PR>>

【彦根市レンタサイクル めぐりんこ】

彦根の城下町をくるっとサイクリングして遊ぶ
豊郷で聖地巡礼したり、多賀大社に遊びに行ったり……

彦根市レンタサイクルめぐりんこは
駅前やまち中などいくつかの拠点で自転車を借りて、
観光地を巡る彦根市(湖東エリア)の観光システムです。

スポーツサイクル 600円/1日
電動アシスト付自転車 800円/1日

お値打ち価格で自転車を借りていただけますが、
湖東一市四町(甲良町、彦根市、愛荘町、豊郷町、多賀町)の
エリア内のみの走行という条件がついています。
ご予約無しでレンタルできますので、お気軽に足をお運びくださいね。

詳しくは こちら
HP:http://gokan-seikatsu.jp/rentacycle/megurinko
blog:http://megurinko.shiga-saku.net/


├──────────────────────────┤
 次号の発行は6月15日予定です。お楽しみに! (^ ^)/~
├──────────────────────────┤

┌──────────────────────────┐
  びわ湖一周サイクリング 応援メールマガジン
  プロジェクト・ビワイチ Vol.61 2012.5.15
├──────────────────────────┤
  発行:輪の国びわ湖推進協議会
     522-0088滋賀県彦根市銀座町1-4
     特定非営利活動法人五環生活内
     FAX 050-3730-5843
├──────────────────────────┤

  メールマガジンへのご意見ご感想
              mm-info@biwako1.jp
├──────────────────────────┤
  びわ湖一周ウェブサイト http://www.biwako1.jp/
├──────────────────────────┤
  メールマガジンの解除  {DELURL}
└──────────────────────────┘

 

日付一覧に戻る

↑ページの一番上へ