メールマガジン

メールマガジンに登録するには、びわ湖一周認定システムにユーザー登録をお願いします。
登録の際「info@biwako1.jp」からお送りするメールを受信する必要があります。
メールが届かない場合、迷惑メールになっていることがありますので、ご注意ください。

びわ湖一周認定システムに登録する

 

登録解除はこちら
(認定システムに登録したスマートフォンでアクセスしてください)

びわ湖一周メールマガジンバックナンバー

■■▼────────────────────────┐
■▼  びわ湖一周サイクリング 応援メールマガジン
▼   プロジェクト・ビワイチ Vol.66 2012.10.15
┬   http://www.biwako1.jp/
○○… 発行:輪の国びわ湖推進協議会
└──────────────────────────┘



┬       ┬
○○Vol.66 Menu○○

1)輪の国びわ湖からのお知らせ

2)コラム




○○… 1)輪の国びわ湖からのお知らせ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
○新パンフレットが完成しました♪

A3大のびわ湖一周サイクリングマップの付いた、新パンフレットが完成しまし
た♪

今回のパンフレットは、サイクリスト対応頂ける宿泊施設などの輪の国びわ湖
協賛ショップも掲載! 限られたスペースでできるだけの情報充実を目指し
ました。

順次配布を開始していきますので、ぜひご利用下さい☆



○滋賀プラス・サイクル推進協議会が発足しました

暮らしの中で、常に自転車を選択肢のひとつとして考えていく、プラス・サイク
ル構想の実現を目指して、滋賀プラス・サイクル推進協議会が発足しました。

プラスサイクル推進プランについては以下で公開されています。

自転車がかえる湖国の暮らし〜プラスサイクル推進プラン
http://www.pref.shiga.jp/c/kotsu-s/bicycle/bicycle.html

※輪の国びわ湖推進協議会は事務局を担当しています。



○志賀〜蓬莱 走行注意のお願い

志賀〜蓬莱間の蓬莱側は特に道が狭く、注意して走行する必要があります。

しかしながら最近、右側通行、並走、高速走行、無灯火走行など、交通ルールを
逸した走行が目立っております。


■■■■交通ルールを守り、特にこの区間は速度を落としての走行■■■■
■■■■をお願い申し上げます                ■■■■


注意地点
http://www.biwako1.jp/map/?fid=1716




○○… 2)コラム
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
○第3回御堂筋サイクルピクニック

 ドライヴァーたちの訝しげな視線を横目に、御堂筋の左側車線を駆ける自転車
の隊列、その数は百台をだいぶ超えたか。 あれは何や? 中には二人乗り、ク
ランクを手で回したり、仰向けに寝そべりながら走る、ケッタイな自転車も混
じっている。一群は長堀通を経て堺筋を北上していく・・・これが第3回を迎え
た「御堂筋サイクルピクニック」の模様だ。

 サイクリストへ車道走行の啓発と、御堂筋に自転車レーン設置要望という2点
を、実際にみんなで自転車で走ってアピールしよう、というのがこのイベントの
主旨だ。言うまでもなく御堂筋は景観的にも都市機能的にも大阪を代表する幹線
道路ゆえ、市民への心理的効果は大きい。管理主体移管を機に自転車専用レーン
設置、あるいは水路を設けて潤いの空間に、などの整備案が提案されている。今
がアピールの機と見たのが「自転車文化タウンづくりの会」。違法駐輪と放置車
両数はダントツの日本一、オバちゃんたちは「さすべえ」装備のママチャリで傍
若無人の歩道走行、という光景がフツーで、自転車のイメージが良くない大阪で
活動を続ける同会が主催し、フリーペイパー「Cycle」などが協力し、昨年10月
に第1回が開催された。タンデム車の参加が多いのも、同会が視覚障害者のタン
デム車試乗会を開催している縁ゆえだ。

 9月22日、秋分の日は快晴。中之島公園に集まった参加者・自転車台数
は・・・「主催者発表」で約300人(笑)。参加受付をしない参加者が結構い
て、正確な数字が判らない。そのあたりのエエ加減さはご愛嬌として、大阪のど
真ん中で、しかも参加無料というのが盛況の理由か。走行コースは淀屋橋から御
堂筋〜長堀通〜堺筋を北上〜難波橋を渡って裁判所前を通過して市役所前、これ
を2周する。中之島公園(日祝日は市役所前〜難波橋までクルマ侵入禁止の空間
になる)に戻れば雑貨・軽食などの店舗ブースも設けられ、午後の陽光の下、参
加者がお互いの愛車を見せ合い、自慢し合い、リラックスした雰囲気の中で自転
車談義の輪が広がる。

 イチョウ並木の合間から見える日本生命館やガスビルの姿は御堂筋ならではの
魅力的都市景観。都心を自転車で駆ける光景が将来の御堂筋に新たな魅力を付加
できるのだ、とアピールできたのが何よりの意義ではないですか。決して脱原発
デモと比するわけではないが、市民感覚に根ざした、心愉しい直接行動が世を動
かす原動力になり得る、と信じたい。(TJN)



├──────────────────────────┤
 次号の発行は11月15日予定です。お楽しみに! (^ ^)/~
├──────────────────────────┤

┌──────────────────────────┐
  びわ湖一周サイクリング 応援メールマガジン
  プロジェクト・ビワイチ Vol.66 2012.10.15
├──────────────────────────┤
  発行:輪の国びわ湖推進協議会
     522-0088滋賀県彦根市銀座町1-4
     FAX 050-3730-5843
├──────────────────────────┤

  メールマガジンへのご意見ご感想
              mm-info@biwako1.jp
├──────────────────────────┤
  びわ湖一周ウェブサイト http://www.biwako1.jp/
├──────────────────────────┤
  メールマガジンの解除  {DELURL}
└──────────────────────────┘

 

日付一覧に戻る

↑ページの一番上へ