メールマガジン

メールマガジンに登録するには、びわ湖一周認定システムにユーザー登録をお願いします。
登録の際「info@biwako1.jp」からお送りするメールを受信する必要があります。
メールが届かない場合、迷惑メールになっていることがありますので、ご注意ください。

びわ湖一周認定システムに登録する

 

登録解除はこちら
(認定システムに登録したスマートフォンでアクセスしてください)

びわ湖一周メールマガジンバックナンバー

■■▼────────────────────────┐
■▼  びわ湖一周サイクリング 応援メールマガジン
▼   プロジェクト・ビワイチ Vol.84 2014.8.15
┬   http://www.biwako1.jp/
○○… 発行:輪の国びわ湖推進協議会
└──────────────────────────┘

┬       ┬
○○Vol.84 Menu○○

1)輪の国びわ湖からのお知らせ

2)イベント情報

3)コラム




○○… 1)輪の国びわ湖からのお知らせ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
○奥琵琶湖パークウェイ 展望台→月出ゲートは自転車も一方通行です

最近、近江塩津(岩熊)側の月出ゲートから展望台への反時計回りに逆走される
自転車が散見されています。

このルートを走行する自動車は対抗方向から来る車両(自転車含む)を想定して
いないため、既にヒヤリとする事例も出ています。

また平成25年9月12日より展望台→月出ゲートへの一方通行規制は公安委員会の
規制に切り替えられており、赤切符を切られる可能性もあります。

サイクリングされる皆様におきましては、この区間の逆走をしないよう、お願い
申し上げます。

詳しくはこちら
http://www.biwako1.jp/modules/news/index.php?page=article&storyid=115



○輪の国の季刊誌「びわこじてんしゃ。」第二号発行・投稿募集中♪

 「びわこじてんしゃ。」には、皆さんのびわ湖一周をより楽しく
 快適にするための情報が満載。びわ湖一周サイクリング認定証と
 ともに年3回(4月、7月、10月の予定)お届けします。

 皆さんからの投稿もお待ちしています!
 *一周体験記
 *愛車じまん
 *おすすめ情報
 *ルート情報

詳しくはこちら
http://www.biwako1.jp/modules/news/index.php?page=article&storyid=114




○○… 2)イベント情報
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
○東京イベント「PEDAL DAY」に出展します☆

さまざまな「自転車の楽しみ方」を伝え共有する夏のイベント「PEDAL DAY」
(東京・国連大学前ファーマーズマーケット)に8/16,17に出展します☆

びわ湖一周のご相談や、ガイドブックなどをご用意してみなさまをお待ちしてい
ます♪

詳しくはこちら
http://pedallife.com/top/



○東京セミナー「びわ湖一周サイクリング”ビワイチ”の魅力」

 自転車に乗る人なら一度は行ってみたい日本最大の湖「びわ湖」を自転車でめ
ぐる旅。旅をする人からはいつしか「ビワイチ」と呼ばれるようになった。「び
わ湖」を一周すると約200km。そのルートには近畿の水瓶である「びわ湖」を中
心に毛細血管のように張り巡らされた大小あわせて約460本もの河川がある。

 「山と野と水に抱かれた豊かな湖国の暮らしを巡る旅は、“本当の豊かさとは
何か”をカラダから実感する時間を与えてくれる」と近藤氏は語る。今回、d-
labo のセミナーではビワイチサイクリングの魅力や、知る人ぞ知るびわ湖の絶
景スポットなど、自然と触れ合いながら楽しむ自転車の旅についてお話いただ
く。

講師  近藤隆二郎(こんどうりゅうじろう)
    滋賀県立大学環境科学部環境政策・計画学科教授
    /輪の国びわ湖推進協議会会長

日時 2014年9月2日(火) 19:00〜21:00
定員 80名 ※定員になり次第締め切らせていただきます。
主催 d-labo
会場 東京都港区赤坂9-7-1 ミッドタウン・タワー7F

詳しくはこちら
http://www.biwako1.jp/modules/news/index.php?page=article&storyid=110



○第7回御堂筋サイクルピクニック

 歩行者も自転車も安心して通行できる環境づくりを目指して、御堂筋を自転車
でアピール走行。その後、メイン会場では様々な企画でお楽しみいただけます。
 走行に参加されない方も大歓迎です。

※同じ週に全世界数百の都市で開催されるカーフリーデー&モビリティウィーク
 参加行事です。 

開催日時 :9月21日(日)10:00〜15:00
メイン会場:中之島公園(大阪市北区)
      中之島中央公会堂と東洋陶磁美術館の向い
      京阪電車なにわ橋駅下車、

イベント内容
①アピール走行 
 走行参加費:500円(オリジナル特製グッズ付き)
②メイン会場では自転車マーケット、

詳しくはこちら
http://cycleweb.jp/cyclepicnic




○○… 2)コラム
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
○「サイクルツーリズムによる地域活性化をめざして
 自転車観光推進地域交流フォーラム」盛り上がりました!

 サイクルツーリズムとは、自転車を使った観光のこと。今、地域を元気にして
いくための手段として注目されています。

 今年3 月1 日(土)に大津市で「自転車観光推進地域交流フォーラム」を輪の
国とNPO法人五環生活の主催(共催・歴史街道推進協議会、滋賀県立大学近藤研
究所、滋賀プラス・サイクル推進協議会)で開催しました。会場の旧大津公会堂
ホールの100 名定員を超える申込みがあり、さらに遠くは東京や千葉から何名も
参加されるなど、大盛況でした。

 ゲストは、夫婦で10 年かけてタンデム(二人乗り)自転車で世界一周をさ
れ、現在、しまなみ海道でポタリングガイドをされている宇都宮一成さん、淡路
島で兵庫県職員として淡路島ロングライド、サイクリングマップ作り等にかかわ
ってこられた岩崎知巳さん、奈良にある自転車旅行専門の旅行会社「サイクリン
グツアーズジャパン」代表の杉野耕造さん、びわ湖を代表してNPO 法人五環生活
の近藤紀章から、それぞれの地域でのとりくみのお話がありました。

 一番印象に残ったのは、宇都宮さんからの、「『ここは何にも無いけんね、何
もできんよ』と言っていた島の人たちが、何気なくやっている日常が他所から来
た人には新鮮で楽しい、と気付いたこと」、「ガイドが他所から来た人と地域の
人をつなげる、といった役割を果たしていくことが、私たちがやっている着地型
の強みだと思うんです。そのためには自分たちが時間をかけて地元に入り、地元
を耕して、そして人という資源とつながっていかないといけない」という言葉で
した。

 今後も、サイクルツーリズムが各地でさらに盛り上がるようなとりくみを続けていきたいと思います。(副会長 藤本芳一)


○フォーラムの様子は次のアドレスから動画で見ることができます。
 http://www.ustream.tv/recorded/44446414



├──────────────────────────┤
 次号の発行は9月15日予定です。お楽しみに! (^ ^)/~
├──────────────────────────┤

┌──────────────────────────┐
  びわ湖一周サイクリング 応援メールマガジン
  プロジェクト・ビワイチ Vol.84 2014.8.15
├──────────────────────────┤
  発行:輪の国びわ湖推進協議会
     522-0088滋賀県彦根市銀座町1-4
     FAX 050-3730-5843
├──────────────────────────┤

  メールマガジンへのご意見ご感想
              mm-info@biwako1.jp
├──────────────────────────┤
  びわ湖一周ウェブサイト http://www.biwako1.jp/
├──────────────────────────┤
  メールマガジンの解除  {DELURL}
└──────────────────────────┘

 

日付一覧に戻る

↑ページの一番上へ