携帯版

「輪の国びわ湖」とは?びわ湖一周サイクリング認定証スポーツバイクのレンタサイクルびわ湖サイクルレスキュー協賛ショップ 泊まる・入浴する・観る・食べるびわ湖一周サイクリングへの誘いびわ湖一周の基礎知識びわ湖一周サイクリングマップお役立ち情報メールマガジンとびわ湖一周コミュニティ ブログ、マイ地図、写真集

びわこ一周レンタサイクル

滋賀プラスサイクル

びわ湖 大津 なぎさ散走

バナー広告募集中

 

 

 

 

 

 

 




びわ湖一周コミュニティ
ブログ 最近の記事
アーカイブ | RSS |
ニュース・新着情報 : 【イベント】サイクルツーリズムによる地域活性化をめざして ― 自転車観光推進地域交流フォーラム
投稿者 : biwa1-green 投稿日時: 2014-01-12 15:26:00 (4611 ヒット)

 おかげさまで定員いっぱいになり、申込みを締め切らせていただきました。

 シンポジウム当日、ええラジオサイトでストリーミング中継を行います。終了後も同サイトでご覧になれます。

【ちらしはこちらからダウンロードできます】

今、地域おこしのツールとして自転車が注目されています。
自転車での観光は、地域の名所だけでなく、その間の景色を楽しみ、
途中におもしろい場所やお店等があれば気軽に停まって立ち寄ることができます。
徒歩よりも広い範囲を気軽に移動でき、観光される方それぞれがお気に入りの場所を
発見し、地域をより深く知ることができ、地域のファンを増やすことができます。
そこで、日本のサイクルツーリズム先進地のしまなみ海道、
関西で自転車好きの登竜門となっているびわ湖(ビワイチ)、
淡路島(アワイチ)でサイクルツーリズム促進に取り組まれている方、
そして奈良を拠点に各地でツアーを実施されている方をお招きし、
サイクルツーリズムのさらなる発展のために情報交換・交流を行います。
ぜひご参加ください。

●とき:2014年3月1日(土) 午後2:30〜5:00

●ところ:旧大津公会堂3階ホール

     (京阪浜大津駅から徒歩すぐ・JR 大津駅から徒歩10分)

●参加無料

ゲスト

 宇都宮 一成 氏(NPO法人シクロツーリズムしまなみ)

  NPO法人シクロツーリズムしまなみポタリングガイド歴5年。
10年の歳月をかけたタンデム自転車による夫婦世界一周旅行で培った感性と
観察眼で、誰も気付かなかったしまなみ海道の魅力を発掘。
多くの人にしまなみ海道自転車旅を楽しんでもらおうと奮闘中。
しまなみ自転車旅のことなら、どんなことでもおまかせ。

 岩崎 知巳 氏(一般財団法人淡路島くにうみ協会)

  一般財団法人淡路島くにうみ協会事務局次長兼総務企画課長
1985年に兵庫県職員となり、2009年から兵庫県淡路県民局で観光行政を担当、
淡路島ロングライド、サイクリングマップ、自転車用道路標識等に関わる。
2012年から一般財団法人淡路島くにうみ協会に出向。

 杉野 耕造 氏(サイクリングツアーズジャパン 代表)

  自転車旅専門の旅行会社「サイクリングツアーズジャパン」(奈良市)代表
30年間のメーカー経験から、日本において自転車のソフト面の貧弱さを痛感し、
自転車旅専門の旅行会社を設立し、奮闘中。

 近藤 紀章(NPO法人五環生活 代表理事)

  滋賀県立大学大学院環境科学研究科博士後期課程単位取得退学後、
滋賀県立大学地域づくり教育研究センター研究員を経て、
NPO法人五環生活代表理事・聖泉大学講師。専門は環境社会システム。
現在は彦根市をはじめとする滋賀県内で、
自転車を中心としたまちづくりにかかわっている。

スケジュール

 午後 2:00受付開始
2:30〜2:35 開会挨拶:近藤 隆二郎(輪の国びわ湖推進協議会 会長)
2:35〜3:20 講演:しまなみ海道の自転車観光への取り組み 宇都宮 一成 氏
3:20〜3:30 休憩
3:30〜5:00 
シンポジウム:「サイクルツーリズムによる地域活性化をめざして」
パネリスト:宇都宮 一成 氏、岩崎 知巳 氏、杉野 耕造 氏、近藤 紀章
コーディネーター:稲永 明子(輪の国びわ湖推進協議会 副会長・
歴史街道推進協議会)

●主催:輪の国びわ湖推進協議会〈www.biwako1.jp〉、
NPO法人五環生活〈gokan-seikatsu.jp

●共催:歴史街道推進協議会〈www.rekishikaido.gr.jp〉、滋賀県立大学近藤研究室、
滋賀プラス・サイクル推進協議会〈pluscycle.shiga.jp

●協力:NPO 法人環境市民〈www.kankyoshimin.org

●お問い合せ:輪の国びわ湖推進協議会
〒522-0088 滋賀県彦根市銀座町1-4
E-mail info@biwako1.jp FAX 050-3730-5843


印刷用ページ このニュースを友達に送る