【情報】#RideSolo サイクリングの楽しみ方

新型コロナウイルスの感染が広がり、できるだけ人との接触を避けるように生活習慣を変える必要が生まれています。
その中でも精神的、身体的にできるだけ健康を保ちたいと切実に感じますね。
こんな時、自転車は移動にもまた運動にもとても良い選択肢ではないでしょうか。
このような状況下でいかにサイクリングを楽しむのか。オランダなど自転車先進国はもちろんですが、日本国内でもプロショップ共同組織「eels」が独自のガイドラインを提唱されています。
https://www.cyclowired.jp/lifenews/node/322294
その内容は、

・ソーシャルディスタンスを確保する

 適度な運動をする場合、ソーシャルディスタンス(1.8m)を確保するにも自転車は最適な道具であるとも言えます。電車やバス通勤から自転車通勤にしてみることは有効な策です。

・ソロで走る

 ソーシャルディスタンスを確保する為にグループライドを避け今は1人で走りましょう。寄り道をできるだけなくし、補給などの買い物の際には必ずマスクを着用し、しっかり手洗いをしましょう。

・適度な負荷で走る

 適度な負荷での60分から90分程度のサイクリングは免疫システムを活性化させますが、高負荷でのサイクリングは体力の低下招き免疫力を下げることにも繋がり、また落車のリスクも増えます。今は最大でも50km程度のサイクリングにとどめておきましょう。

・医療機関への負担を抑える

 サイクリング中にケガをして医療機関のお世話になるようなことだけは避けましょう。交通量が多い場所や下り道などは避け、しっかりと安全マージンを取って走りましょう。

・室内で走る

 サイクルトレーナーを使用して室内で走ることは一番安全であると言えます。部屋の換気も忘れないようにしましょう。

の5項目。一緒にライドを楽しめる日まで、#RideSolo

↑ページの一番上へ